coingecko (thumbnail mini)
アプリで続ける
リアルタイムで価格を把握
coingecko (thumbnail mini)
アプリで続ける
リアルタイムで価格を把握

インパーマネントロス計算機

この計算機は、流動性を提供した場合の変動損失を推定します。資産のウェイトと予想される変動率を入力するだけで、変動損失率を計算できます。この計算機は取引手数料を考慮しておらず、これによって変動損失が軽減される場合があります。

APY(年利)計算機

この計算機によって、与えられた元本 (単位:$) とAPYパーセンテージに基づき、異なる時間枠での年換算利回り (APY) を分析し、収益を見積もることができます。

表示されているAPY(年利)は、現在の市場価格及び報酬レートを基に算出されています。 ただし、このデータは価格変動やガス手数料、スマートコントラクトリスクなどを考慮していません。 そのためリターンは個々人によって異なる場合があります。

変動損失とAPYに関するFAQ

仮想通貨のAPYとは何ですか?

APYとは年換算利回りの略で、ユーザーが様々なレンディングやイールドファーミングのプロトコルに資金を預けたときの収益率を測定するものです。APYは複利効果を考慮しており、日ごと、時間ごとの低い利益を、長期的に巨大な収益に変えることができます。APYは1年間の投資における収益を反映しているため、うたわれている利率を受け取れるのはその期間預け入れた場合のみであることにご注意ください。また、トークン価格やトークンインセンティブなど、様々な要因によってリターンが変動する可能性があります。

仮想通貨のAPYはどのように計算されていますか?

仮想通貨では、利回りが払い出される頻度によってAPYの計算が異なることが多くあります。例えば、OlympusWonderlandKlimaなどのリベーストークンでは、預金者はエポックごと(通常は8時間)に報酬を獲得できます。これは、預けたトークンが1日に3回複利運用されることを意味し、トークンが1日1回複利運用されるよりはるかに高いAPYとなります。

とはいえ、APYはトークン価格と預金総額によって変動することもあります。一部のプロトコルは通常、他のトークンの形でリターンを提供し、ユーザーは手動でトークンを請求、売却し、最初の預金と合わせて複利運用する必要があります。表示されるAPYは、預金者が1日ごと、または週ごとに手動で複利運用した場合に期待できる利回りとなります。

一般的には複利計算の回数が多いほど、APYは高くなります。一部のプロトコルでは、APYの代わりにAPR(年利)が表示されることがあります。この決定的な違いは、複利効果を含まない単利である点です。どちらのプロトコルのAPRも同じであったとしても、最初の預金に新たにトークンが継続的に追加される頻度によって、大きくAPYは異なります。

APRとAPYの違いは何ですか?

どちらも預金に対して得られる利回りを指す言葉ですが、APRは複利効果を考慮しないのに対し、APYは考慮するため、通常どのような投資でもAPRよりはるかに高い利回りを示します。以下はTrader JoeでのファーミングによるAPRですが、流動性を提供することで獲得できる利回りと、対応するファームにLPトークンをステークすることによるボーナストークンの両方を示しています。



利回りが毎月複利で計算されると仮定すると、投資家は前月に得た利息に対してさらに利息を得ることができ、結果として長期的にはかなり大きな利回りとなります。利回りが毎年複利で発生する場合、APRとAPYは全く同じになるはずです。

流動性の量と、特定の流動性プールに関連する取引活動に応じて、預金者は通常、より大きなリターンを期待できます。預金者が早い段階で投資を行い、流動性プールの大きなシェアを有している場合、リターンはさらに大きくなります。しかし前にも述べたように、経験豊富なイールドファーマーであっても、流動性を供給する以上、変動損失のリスクは発生します。

変動損失とはなんですか?

変動損失とは、UniswapやSushiswapなどの自動マーケットメーカー (AMM) の流動性プールに最初に預けた金額と、引き出し時に流動性提供者が受け取れる資産の量が異なる時に発生する損失のことです。これは、トークン価格の変動が流動性プールの構成に影響を与え、その結果特定のトークンの保有量が若干変動するために起こります。例えば、最初に資産を 50:50 の割合で預けたとしても、最終的にそれぞれの資産を同じ量だけ受け取れるという保証はありません。これによって流動性提供者は、自分のウォレットでトークンを保有することを選択した場合と比べて、低い価値の資産を受け取ることになる可能性があります。

変動損失はどのように計算するのですか?

変動損失が発生する仕組みが分かったところで、流動性を提供することで正確にいくらの損失が発生するのか計算してみましょう。プール内の資産の価格が一定量変化すれば、預金の総額に影響が出ますので、その結果を単純にグラフ化します。価格変動の話をしていますので、資産価格が上がろうと下がろうと、資産をキープしていた方が良いことに変わりはないのです。



出典:アレックス・ベケット

流動性の量と、特定の流動性プールに関連する取引活動に応じて、預金者は獲得した手数料が変動損失を上回る場合、または変動損失が全くない場合、プラスのリターンを獲得できます。預金者が受け取ることのできる手数料は通常パーセンテージで表示され、APYとして知られています。